【中国】iPhone 8 64GB MNP新規一括0円


KDDI中国管内のエディオンにて、iPhone 8 64GBがMNP新規一括0円。

【端末代金】
iPhone 8 64GB 91,440円

【参考例(全特典条件適用,台数あたり)】
iPhone 8 64GB MNP新規一括0円+特典18,000EP

【特典内訳・条件】
・基本特典 43,200円 端末代金に充当
・機種限定 37,440円 端末代金に充当(※1)
・iPhoneおトク割 10,800円 端末代金に充当
・家族連鎖 15,000EP(※2)
・台数限定 3,000EP(※3)

【その他増額要素】
・他店相対A 10,000EP(※4)
・他店相対B 5,000EP(※4)
・他店相対C 3,000EP(※4)
・エディオン販促クーポン 3,000EP
・KDDI下取りプログラム(のりかえ)(※5)
・au walletキャッシュバッククーポン 10,000WP(※6)

特記事項:
※1 iPhone 8 64GB限定
※2 新規または既存回線との家族割に加入
※3 台数限定
※4 他店見積り持参または相談
※5 下取りプログラム下取り価格(税抜き)に準じ、乗換え元通信事業者(MNP予約番号で判定)の端末のみ適用可能
※6 指定機種に対した額面(税抜き)に相当

【適用条件】
新料金プラン全般、au WALLETカード、auスマートパスプレミアム、Apple music

【CB払い出し時期】
値引き総額が端末代金を上回る場合、残金相当額は1,000円(税込)単位でエディオンポイントにて即日交付。

【実施期間】
2019年4月27日-2019年4月30日

2019年4月30日現在、iPhone 8シリーズはスマートバリュー加入の増額対象外となっています。
10連休前半における家電量販店(選抜店舗)の傾向として、MNP新規一括0円+特典15,000円相応が標準提示で、自主イベントや他店相対などの増額要素を含めば、実質特典25,000円相当が交渉の始点となっていました。
各キャリア台あたり3,000EP増額が可能なエディオン販促クーポン(適用可能期間:2019年4月26日~2019年5月31日)は、
https://www.edion.com/ito/contents/special/ad/16152333608/index.html
から取得可能です。

購入端末のトレンドが秋(XS)→冬(XR)→春(8)と時代を逆行している気がしなくもないのですが、2019年4月下旬においてもiPhone 8 64GB以外にめぼしい端末はないため、今回は台あたり特典39,000EPでの購入となりました。

家電量販店での契約におけるwomwa! IDの引継ぎについても、ウェブから取得できるバーコードとクーポンを自ら提示することさえできれば、初見対応でもさほど手間取る事無く登録ができます。

筆者の近況についてですが先般多忙のため長らく更新こそ停滞していたものの、その間も西へ東へ慌ただしく活動はしていました(笑)
昨今、筆者が住む地域の家電量販店やキャリアショップで、他買い回り客を見かけることは殆どなくなり寂しい限りですが、これからも特価端末のあるかぎり不定期ながら更新を続けていく予定です。

【関西】F-04K 機種変更一括0円

ビックカメラなんば店にてNTTドコモのF-04K(Arrows Be)、SH-01L(AQUOS Sense2)が機種変更一括0円。

【端末代金】
・F-04K 33,696円
・SH-01L 31,752円

【参考例(全特典条件適用)】
・F-04K 機種変更一括0円
・SH-01L 機種変更一括0円

【特典内訳・条件】
・F-04K 期間限定 33,696円値引き
・SH-01L 期間限定 31,752円値引き

【その他増額要素】
・ドコモ下取りプログラム

【適用条件】
・端末利用期間6ヶ月以上
・音声契約
・SPモード、ドコモオプション、有料コンテンツ

【実施期間】
規定台数到達または2019年2月9日-2019年2月11日迄

docomo withシリーズ(SH-01L、F-04K)の機種変更一括0円が期間、数量限定で再開しています。
価格掲示はありませんが、店頭にてご確認ください。

【中国】iPhone XR 128GB MNP新規一括0円+CB20000VJA

コジマビックカメライオンモール広島府中店にて、iPhone XR 128GBがMNP新規一括0円。

【端末代金】
iPhone XR 128GB 104,880円

【参考例(全特典条件適用,台数あたり)】
iPhone XR 128GB MNP新規一括0円+特典20,000VJA

【特典内訳・条件】
・基本特典 43,200円 端末代金に充当
・指定機種 43,200円(※1) 端末代金に充当
・XR128GB限定 7,680円 端末代金に充当
・家族連鎖 10,800円(※2) 端末代金に充当
・スマートバリュー 10,000VJA(※3)
・他店対抗 10,000VJA

【その他増額要素】
・KDDI下取りプログラム(のりかえ)(※4)
・ウォレットクーポン 10,000WP(※5)
・同時機種変更連鎖 10,000VJA(※6)

特記事項:
※1 iPhone XRシリーズ限定
※2 新規または既存回線との家族割に加入
※3 スマートバリューに加入
※4 下取りプログラム下取り価格(税抜き)に準じ、乗換え元通信事業者(MNP予約番号で判定)の端末のみ適用可能
※5 指定機種に対した額面(税抜き)に相当
※6 MNP新規契約と同時に同一家族グループ内の既存回線(端末利用期間12ヶ月以上)で機種変更

【適用条件】
新料金プラン全般、au WALLETカード、スマートバリュー、有料コンテンツ(初月1,620円)

【CB払い出し時期】
値引き総額が端末代金を上回る場合、残金相当額は1,000円(税込)単位でVJA商品券にて翌月20日以降交付。

【実施期間】
2019年1月26日-2019年1月28日

KDDI中国管内の1月度最終週はエディオン(選抜店舗)が家族連鎖施策を21,600円に増額など、家電量販店優勢の状況が続いています。
iPhone XRシリーズに関しては家族連鎖、スマートバリュー適用でエディオン広島本店97,200円引き(要Apple care+)、ヤマダ電機LABI広島86,400円引き、ビックカメラ広島駅前店104,880円引き(要Netflix25、auオプション、有料コンテンツ)となっていました。

【家電】Nova lite 2 単体販売10000円


2019年も引続き ねこねこ日記改αにてお楽しみください。

ヨドバシカメラ各店にてHUAWEIのNova lite 2(FIG-LA1)がSIM契約不要で10,000円(消費税込)+現金・電子マネーまたはクレジットカード支払いで13%ポイント還元。
Y!mobileのスタートキットは付随しますが、回線契約は一切不要です。

筆者は恒例のヨドバシカメラ・マルチメディア梅田の元旦初売りに行ってまいりました。
元日・JR西乗り放題きっぷ(普通車用16,000円)で始発の新幹線に乗り、梅田に到着したのは7:45頃。
足早に福袋の最後尾へと向かうも、残念ながらSIMフリースマホの夢(他客の店内開封によりZenfone 5Qと判明)、iOSの夢、サーフェスPROの夢など前評判の高いものを中心に完売済みでした。

失意のもと各キャリアのブースを巡るも、目ぼしい特価商品はなし。
妥協のノートパソコン会計行列中に、ヨドバシ.comショッピングアプリで人気商品として表示されていたmoto G5s+Y!mobileスタートキット(契約不要で3,740円)をヨドバシカメラ店内で購入する屈辱的なスタートとなりましたが、幸いにもポイントのほぼ使い切りだけは完了できました。

【家電】SIMフリースマホの夢 10000円


2018年も ねこねこ日記改α をご愛読いただきありがとうございました。

さて、大晦日・正月の恒例といえばヨドバシカメラの福袋。
今期は幸いにもヨドバシ.comのSIMフリースマホの夢(10,000円)を購入することができました。
さて気になる中身は、

予想外のASUS Zenfone 5Q(未開封)でした。

あくまで筆者の邪推ですが、同梱されていたY!mobileのSIMカード(スタートキット)に含まれているであろう販促奨励金あっての実現なのかも知れません。
もちろん添付されているSIMカードの契約は任意です。

店頭販売版のSIMフリースマホの夢(10,000円)も同様ならばうれしい限りですが、配送先が国内に確定したヨドバシ.comに比べて、国内外在住問わず誰でも店頭購入可能な商品に、Y!mobileの半黒SIMカードが同梱されるかは未知数。
筆者の邪推が合致したならば店頭販売版は別構成の可能性もありますので、開封まで油断は禁物です(笑)

それでは皆様、2019年もよいお買い物を!

【中国】F-04K 機種変更一括0円

ドコモ中国管内の家電量販店にてNTTドコモのF-04K(Arrows Be)が機種変更一括0円。

【端末代金】
F-04K 33,696円

【参考例(全特典条件適用)】
F-04K 機種変更一括0円

【特典内訳・条件】
・期間限定 33,696円 端末代金に充当

【その他増額要素】
・ドコモ下取りプログラム

【適用条件】
SPモード、ドコモオプション3個(あんしんパック、いちおしパック、dマガジン他)
※端末利用期間は条件に含まれていません。

【実施期間】
規定台数到達または2018年12月31日迄

全国的に多くの主要家電量販店にて確認されているdocomo with旧製品(SH-01K、F-04K他)の機種変更一括0円。
こと地方都市においても掲示はなくとも、要相談にて提供可能な場合もありますので、ぜひ店頭にてご確認ください。

【関西】iPhone XR 128GB MNP新規一括2280円+25000YP

KDDI関西管内のヨドバシカメラマルチメディア梅田にて、iPhone XR 128GBがMNP新規一括2,280円。

【端末代金】
iPhone XR 128GB 104,880円

【参考例(全特典条件適用,台数あたり)】
iPhone XR 128GB MNP新規一括2,280円+特典25,000YP

【特典内訳・条件】
・基本特典 10,800円 端末代金に充当
・期間限定 10,800円 端末代金に充当
・指定機種 43,200円(※1) 端末代金に充当
・家族連鎖 10,800円(※2) 端末代金に充当
・スマートバリュー 10,800円(※3) 端末代金に充当
・台数限定 5,400円 端末代金に充当
・台数限定 10,800円 端末代金に充当
・他店対抗 25,000YP

【その他増額要素】
・KDDI下取りプログラム(のりかえ)(※4)
・ウォレットクーポン 10,000WP(※5)
・同時機種変更連鎖 10,000YP(※6)

特記事項:
※1 iPhone XRシリーズ限定
※2 新規または既存回線との家族割に加入
※3 スマートバリューに加入
※4 下取りプログラム下取り価格(税抜き)に準じ、乗換え元通信事業者(MNP予約番号で判定)の端末のみ適用可能
※5 指定機種に対した額面(税抜き)に相当
※6 MNP新規契約と同時に同一家族グループ内の既存回線で機種変更

【適用条件】
新料金プラン、au WALLETカード、スマートバリュー

【CB払い出し時期】
値引き総額が端末代金を上回る場合、残金相当額は1,000円(税込)単位でポイントにて即日交付。

【実施期間】
2018年12月22日-2018年12月24日

家電量販店では引続きiPhone XRシリーズ限定の値引きが継続しています。
筆者が調査した限り同等条件では、大型イベント開催中のショッピングモール(大阪府南部)併設家電量販店にて、MNP新規3契約以上で台あたりiPhone XR 128GBが一括0円+10,000UC(翌月再来店交付)+5,000KP(即日交付)、更に複数台特典としてニンテンドウスイッチ1台進呈、機種変更連鎖別途、有料コンテンツ初月1,054円の店舗もありました。

恒例の青春18切符を使った関西遠征中、エキチカの家電量販店にて相対交渉を行い『今、即決ならば…』と、iPhone XS 64GB 一括0円と同水準の条件提示があったため即決となりました。
特典総計の比較では電子マネーコード決済CP適用可能な大阪府南部の家電量販店が若干優勢も、翌月20日以降の再来店、景品の用途・運搬、回線運用等の諸条件を踏まえると、即日全額交付に勝るものなしです(笑)

【中国】iPhone XR 64GB MNP新規一括1200円+5000UC

KDDI中国管内のヤマダ電機LABI広島にてiPhone XR 64 GBがMNP新規一括1,200円。

【端末代金】
iPhone XR 64GB 98,400円

【参考例(全特典条件適用,台数あたり)】
iPhone XR 64GB MNP新規一括1,200円+特典5,000UC

【特典内訳・条件】
・基本特典 21,600円 端末代金に充当
・指定機種 21,600円(※1) 端末代金に充当
・家族連鎖 10,800円(※2) 端末代金に充当
・スマートバリュー 10,800円(※3) 端末代金に充当
・台数限定 10,800円 端末代金に充当
・他店対抗 21,600円 端末代金に充当
・他店ポイント対抗 5,000UC
・成約記念 4,860円相当の商品

【その他増額要素】
・KDDI下取りプログラム(のりかえ)(※4)
・ウォレットクーポン 10,000WP(※5)

特記事項:
※1 iPhone XRシリーズ限定
※2 新規または既存回線との家族割に加入
※3 スマートバリューに加入
※4 下取りプログラム下取り価格(税抜き)に準じ、乗換え元通信事業者(MNP予約番号で判定)の端末のみ適用可能
※5 指定機種に対した額面(税抜き)に相当

【適用条件】
新料金プラン、au WALLETカード、スマートバリュー

【CB払い出し時期】
値引き総額が端末代金を上回る場合、残金相当額は1,000円(税込)単位でUC商品券ならば即日、現金ならば約2ヶ月後に店頭にて交付。

【実施期間】
2018年11月23日-2018年11月25日

KDDI中国管内においてもご多分にもれず、iPhone XRシリーズ限定の値引きが始まっていました。

筆者が確認した限り、現状エディオン、ジョーシン、ヤマダ電機において分割契約有無による値引き金額の差はないようです。
先月、三重県で購入したiPhone XSに比べると見劣り感は拭えませんが、一括支払い、コンテンツなし、AppleCare+なし、クーポン制限なし、遠征なし(笑)のお手軽さはプライスレスかも?

【中部】iPhone XS 256GB MNP新規一括10800円

KDDI中部管内のauショップ伊賀上野にて台数限定でiPhone Xs 256GBがMNP新規一括10,800円。

【端末代金】
iPhone Xs 256GB 146,880円

【参考例(全特典条件適用,台数あたり)】
iPhone Xs 256GB MNP新規一括10,800円+特典21,600円相当買物特典

【特典内訳・条件】
・基本特典 端末代金に充当
・家族連鎖(※1) 端末代金に充当
・スマートバリュー 21,600円(※2)端末代金に充当
・事前予約 5,400円(※3) 端末代金に充当
・台数限定1 10,800円 端末代金に充当
・台数限定2 21,600円相当買物特典

【その他増額要素】
・KDDI下取りプログラム(のりかえ)(※4)
・ウォレットクーポン 10,000WP(※5)
・au WALLETクレジットカード支払い設定 既存:5,400円,新規:10,800円相当買物特典

特記事項:
※1 新規または既存回線との家族割に加入
※2 スマートバリューに加入
※3 MNP新規回線情報(氏名、電話番号)を原則前日までにVストック登録
※4 下取りプログラム下取り価格(税抜き)に準じ、乗換え元通信事業者(MNP予約番号で判定)の端末のみ適用可能
※5 指定機種に対した額面(税抜き)に相当

【適用条件】
新料金プラン、auオプション、au WALLETカード、AppleCare+、スマートバリュー、有料コンテンツ(初月7,500円程度)

【CB払い出し時期】
値引き総額が端末代金を上回る場合、残金相当額は現金(税抜き)にて翌月交付。
au WALLET Market買物特典は即日交付。

【実施期間】
2018年10月27日-2018年10月31日

昨今にめずらしく端末代金の分割支払いは条件に含まれていません。
同系列店において分割、解約新規、有料コンテンツは絶対条件と勘違いされがちですが、状況によっては還元内容問わずフレキシブルな対応も?、また各種母数の貢献も交渉の余地として覚えておくと良いでしょう。
au WALLET Market買物特典はWowma!に比べると取扱商品が少なく、また家電製品等は市場価格に比べて全般的に高めにつき、生活物資の買い置き目的などに適しています。
もちろん購入金額に対して翌月5%の還元がありますので、プラス会員(月額324円×2ヶ月)の加入はお忘れなく。

なおKDDI中部管内の一部代理店ではJCOMなど、エリア対象外のクーポンは使用できないためご注意ください。
また使用後にクーポン実券は回収となります。

筆者は前週、家電量販店(KDDI中国管内)での交渉にてiPhone 8 64GB(分割なし、購入サポートなし、新料金プラン全般、複数台、SVあり、下取りなし)MNP新規一括0円+25,000EPの提示を受けるも、等価商材発掘の手間を踏まえてあえなく見送り。
ほどなくしてVストック済み店舗より案内、更に系列店舗への実質誘導(笑)を経て、過疎地のauショップへとたどり着いた次第です。

2018年11月7日CDMA 1X WIN新規受付終了

一部のマニアから絶大な需要を得ていたCDMA 1X WINことPacketWINシングル定額の新規受付が2018年11月7日(水曜日)をもって終了となります。

筆者も幾度となくお世話になった端末たちをいまさらながらレビュー。

DATA07

充電不要、これといった欠点もない優秀機。
USB端子が180度回転して収納されているため、初見のスタッフは取り出しに困惑する一面も?
あえて難点を挙げるとすればバーコードリーダーで製造番号を読み取り辛いことか。

DATA06

充電は必要だが、ROM書き、消し業務時にパスカルモードの切替をする必要もなく、安心、安全、安定の定番機。
先代DATA05にはない充電ランプ搭載も利用者としては嬉しい機能。

DATA05

バッテリー放電による死んだふり、ROM書き、消し業務時にパスカルモードの切替必須、謎エラー発生など気が許せない迷機。
特にSurface bookタイプの契約機では、直前にDATA06でROM書き、消し業務を行うと原因不明のエラーが発生し、長期戦必至(結局、別の契約機でROM書き、消し業務をする羽目になる)。
時間の浪費を避けるためには依頼する順番、バーコードスキャン後にユーザー自身でパスカルモード切替を行う、パスカル通信中の画面が表示されるまで端末を渡してはならない等、きめ細かな配慮が必要。
初来店でスムーズに手続き終わると生焼けなど逆に心配となる逸品です。

新規受付終了まであと僅か、月末のXs祭に向けてDATA端末達にもうひと頑張りしてもらいましょう。